白湯がダイエット効果だけでなくデトックスにも?!

スポンサードリンク


健康
 

最近、芸能人さんの間でも
美容や健康に良いと人気上昇中の白湯

 

単に白湯を飲むだけでなくつくり方や飲み方で
効果のあらわれ方が変わると言われています。

 

今回はその白湯について調べてみました。

 

白湯の読み方は「しらゆ」「はくとう」ではありません!笑

 

白湯…。

 

あまり聞き慣れない方も少なくないようで、
「しらゆ」とか「はくとう」と読んだり
検索したりしてしまったりしているようですが、

正確には『白湯(さゆ)』と読みます。

 

ちなみに、中華スープの『白湯(パイタン)』とは全くの別物です。

 

・白湯 -Wikipedia-
http://goo.gl/jM4Me
※wikiでは「しらゆ」って書いてある!!!(笑

 

上記Wikipediaにもある通り、
『白湯(さゆ)』とは単に水を沸かしただけのもの。

 

そんなものがなぜ、「健康にいい!」と注目されているのでしょうか?

 

白湯とはただの水を煮出したものに非ず!

 

白湯なんてただ、水を沸騰させただけでしょ?

 

実際、私もそんな風に思っていましたが、
よくよく考えてみると私たちは毎日、
「ただの水」「ただのお湯」をいうものを使って
ありとあらゆる『汚れ』を洗っています。

 

実はこの『ただの水』には洗浄効果があるそうなのです。

 

しかも、白湯のように暖めることで水が熱を帯びると
内蔵をあたためることで代謝や消化を助けてくれたり、ひいては未消化物、
要は体内に蓄積しがちな毒素を排出してくれたり。。。

 

デトックスにもなるそうなのです。

 

しかも、生まれたての赤ちゃんでも重病の方でも安心して飲める!

 

効果絶大で安心、健康な飲み物『白湯』。

 

なんかすごいですね!

 

 

白湯の効果を十二分に発揮するつくり方・飲み方とは?

 

そんな『薬』のような効果のある白湯もつくり方によって
効果を得やすかったり半減してしまったりするそうです。

 

・白湯(さゆ)の効果と正しい作り方
http://nanapi.jp/118021

 

要約すると、

・沸騰させ、弱火にする

・水面がボコボコいうぐらいで10分ぐらい煮沸する

・やけどしない程度まで冷ます(50度ぐらいが適温)

・朝昼晩3回に分けて飲む(1杯約150cc、1日800mlを目安に)
※厳密には飲むというより『すする』のが良いみたいです。

ということですね。

 

 

上記サイトにもありますが、世界中の医学の源流と言われる
インドの『アーユルヴェーダ』の観点からみても
白湯は健康のバランスを整える飲み物とのこと。

 

「白湯なんてただのお湯じゃん!」

 

なんて軽視してましたが、
ひょっとしたらどんな『薬』よりも白湯は効果絶大かも?!

 

私も『白湯デトックス』始めてみようと思いました!

 

 

あなたも如何ですか?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ