ひなまつり【雛祭り】・桃の節句|まとめ

スポンサードリンク


ひな祭り|ひな壇 写真

 

3月3日はひなまつり(雛祭り) の日。

 

20代OLの2人に1人が「社会人になってもひなまつりをしている」

 

というアンケートデータがある(?)ほど、
日本ではメジャーな『ひな祭り』という伝統行事。

 

日本人なのに意外に詳しく知らない方もいらっしゃるとのことで
私なりに調べ、まとめてみました。

 

 

ひなまつり(雛祭り)ってそもそもどういうもの?

 

雛祭り(ひなまつり)は
女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。
ひいなあそびともいう。
ひな人形(男雛と女雛を中心とする人形)を飾り、
桃の花を飾って、
白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。
雛あられや菱餅を供える。

 

桃の節句という別名もあり女の子のお祭りということだけでなく
春の季語としても使われていますね。

 

ひな祭り(雛祭り)の由来について

 

もともと『ひな(雛)』というのは
昔女の子が人形遊びなどに使っていたものだったとのこと。

 

ひなまつり(桃の節句)は春先に農作業をはじめるにあたり、
けがれを払う行事で、人形はこの汚れを川などに流すために
使用されていたものだったそうです。

 

 

雛人形(ひな人形)を飾る意味について

 

雛人形は

『子どもの身代わりとして事故や病気から守ってくれる』

という意味で

『子どもの健康・しあわせな成長を祝うため』

にお飾りをするとのこと。

 

なかなか難しいかもしれませんが
姉妹の場合、雛人形の兼用は本来避けるべきだそうです。

 

お雛様の飾り付けは立春である2月4日ごろから
遅くても2月24日までには飾り付けるのが一般的だとか。

 

 

なぜひな人形はひなまつりの後すぐに片づけなければならないの?

 

先述したとおりひな人形は『子供の厄災の身代わり』という意味のため、
はやく片づけないと『縁起が悪い』といわれています。

 

なので、節句(ひなまつり) が終わったら
『すぐに片づける』という風習が出来たようです。

 

その他にも、

「お雛様のお片づけが遅れると嫁入りがおそくなる」

という言い伝えがありますが、その大元は

ひな人形を飾ったままでカビてしまわないようにということや
(春に湿度が上がったり梅雨などの心配の為)

「しっかり片づけの出来る良い女性(嫁)になるため」

などの意味があるそうです。

 

 

ひな祭りの食事の意味について

 

雛祭りのお食事にも縁起や意味が込められているようです。

 

ひなあられ(雛霰)の意味・由来

 

ひな遊びを屋外で楽しむときに持ち運びのしやすいように
『携帯食』というのが由来だとか。

 

菱餅(ひしもち)の色には意味がある?

 

これは諸説いろいろですが、

ひし餅の赤色は先祖を尊び厄を祓い、健康を祝うため
※昔は解毒作用のある山梔子(クチナシ)で赤味をつけた。

白い餅は清らかさを、緑の草餅は新芽を表したとのこと。

 

その他の説では

菱餅の三色、赤は「桃」、白は「雪」、緑は「草」。
3月という季節の情緒を表現しているということです。

 

なんか、日本らしいワビサビがありますよね。

 

 

ひなまつり、その他のお食事について

 

ちらし寿司
エビ = 長生き
レンコン = 見通しがきく
豆 = 健康でまめに働ける

 

貝類
貝類はペアになっていることから、良縁の象徴とのこと。
(ハマグリ、サザエなど)

 

甘酒・白酒
元々は甘酒ではなく『桃花酒』という桃の香りのお酒で
桃 = 長生きの象徴 という理由だったそうです。

 

その桃花酒が白酒という名前に時代と共に変わって言ったとのこと。

 

ちなみに、白酒(桃香酒)をひな祭りに飲むようになったのは、
白酒に厄除けの効果があったのだそうです。

 

ただ、現代では子供はアルコールが飲めないので
白酒(桃香酒)ではなく『甘酒』になっていったそうです(笑

 

 

ひなまつり(ひな祭り) のうた

『うれしいひなまつり』歌詞

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

 

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

 

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

 

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

 

 

うれしいひなまつり|YouTube 動画

 

最近ではこういう動画もあるんですねー。

 



便利な世の中になったものです(笑

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ