預金封鎖?!日本で銀行預金を守る対策は?!

スポンサードリンク


先日、2月16日にNHKで
預金封鎖の特番を放送したことで

「日本でまた預金封鎖が起こるのではないか。。。」

という不穏なウワサが広まっています。

 

すべて封鎖預金、全面的に封鎖することとした|渋沢蔵相

 

・“預金封鎖”もうひとつのねらい -NHK ONLINE-
http://goo.gl/NMhq3L

 

そもそも『預金封鎖』とは何でしょうか?

 

・預金封鎖 – Wikipedia –
http://goo.gl/zhLGYB

 

 

預金封鎖(よきんふうさ)とは、
銀行預金などの金融資産の引き出しを制限すること

 

とありますが、これに関して
2つのパターンがあるそうです。

 

 

預金封鎖には2種類のパターンが存在する!

 

まず1つ目は

 

金融機関の預金封鎖

 

これは金融機関の『経営危機説』が流れた際に、
多くの預金者が預金を引き出そうとして
騒ぎになる場合があるため、『経営健全』と評価されるまでに
一時的に金融資産の引き出しを制限することだそうです。

 

2つ目は

 

政府による預金封鎖

 

これに関しては政府が財政破綻寸前になった場合に
銀行預金などの国民の資産を把握して、
資産に対して税金を掛けて政府収入にあてて
国家の財政破綻を喰いとめようとする対策。

 

その他には市場に出回った通貨の流通量を制限して、
インフレを金融政策で押さえる方法として実施される場合や
その際通貨切替をして旧通貨を無効にして、
市場通貨を金融機関に回収させる方法もあるらしく、

この場合にも預金封鎖が行われるとのこと。

 

NHKでは後者のことについて取り上げた訳ですね。

 

 

日本の多くの成功者が海外へ移住する理由

 

最近、日本で経済的に成功されている方々が
こぞって海外、特にマレーシアやシンガポールなど
日本以外のアジア圏へ移住する事が増えています。

 

「日本の法人税が高いから」

 

「ビジネスの商圏を拡げる為」

 

表向き、そのような理由と言われていますがが、実は

 

「日本の経済破綻についてのリスクヘッジである」

 

という事ではないかとも裏側でウワサされています。

 

 

実は『振り込め詐欺』は預金封鎖への布石?

 

日本の経済破綻に於ける預金封鎖のウワサで

一時期話題になった

・振り込め詐欺

・オレオレ詐欺

は預金封鎖への布石ではないか?!

 

という都市伝説的なお話(?)もあります。

 

 

要は、ATMから一度に預金をおろせないようにして
現金の流出を喰いとめよう!という事だそうです。

 

本当だったら、危なっかしくて
預金なんて出来ないですよね。

 

 

【衝撃!】『預金』は『貯金』ではない?!

 

今回のお話からいろいろと調べていましたら
『預金』は『貯金』ではないという事もわかりました。

 

・預金 -Wikipedia-
http://goo.gl/EQtNoZ

 

『預金』・・・・都銀、地銀、長信銀、信用金庫、信用組合

『貯金』・・・・郵便局、農協、漁協等

 

郵便局、農協、漁協は『貯金』でそれ以外
都銀、地銀、信金、信組は『預金』と法律上の呼び方が違い、
預けたお金は保護されています。

 

郵便局、農協、漁協は貯金法。

 

その他銀行は預金保険制度で保護されます。

 

現在、郵便局も『ゆうちょ銀行』となっているので
厳密に言うと『預金』なのですが、
以前のまま『貯金』という名称で運用しているようです。

 

これに関して、

「単に名前が違うだけじゃない?」

というイメージの方も少なくないと思いますが、

 

勝間和代さんの

「お金は銀行に預けるな」

のように『資産運用』という観点、

 

平和運動家の主張での
銀行の最大の取引客は『武器商人』であるということから
第三者的な『戦争への加担』という観点から

無意識的な『預金』というものについて
再考する必要があるのではないか?とも感じました。

 

 

日本が経済破綻!?日本の預金封鎖の可能性は?

 

日本国の現在の借金は1000兆を超えるそうです。

 

国民一人当たり(お年寄り・赤ちゃん含む)、
1000万を超える金額になるそうです。

 

前述したNHKの番組の中で
戦後、当時の大蔵官僚がこのように証言したそうです。

 

「『一億戦死』という言葉がある。みな一ぺん戦死したと思えば、
相続税を一ぺん位納めてもいいじゃないか。」

 

実際、東京・北区にある旧古河庭園というところも
『財産税』として国に徴収(というか没収だと思いますが)
されてしまった資産の1つ。

 

 

こういう考え方をする人が居れば
預金封鎖は「起こらないとは言い切れない」と言えます。

 

 

預金封鎖対策は?~預金封鎖に備えるには~

 

私も余りのショックに色々と調べたところ、
このような本を見つける事が出来ました。


『統制が始まる 急いで金を買いなさい』
副島隆彦 著

 

ネット上ではいわゆる『トンデモ』などと賛否両論の副島先生ですが
何十年も前から日本の預金封鎖対策について
様々な提言をされ、多くの本を出版をされています。

 

 

副島先生のお話ですと、

「預金を引出し紙幣から金などの地金にせよ」

ということのようです。

 

 

金融封鎖。。。

 

 

起こるか起こらないかわかりませんが、

「備えあれば憂いなし」

万が一の時のために
対策をしておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ